「敬老祝いの会」のご報告(ナーシングホーム和光)

9月16日に敬老祝いの会を開催しました!
式では、まず和光市の松本市長よりビデオメッセージで祝辞を頂きました。

 

 

関塚理事長によるお祝いのご挨拶では、元気あふれるヨガ体操の紹介もあり、皆さん一緒に体を動かしながら、ワッハッハと大きな笑い声を出していらっしゃいました。
笑顔と発声で全身の準備体操ができたところで、練習を重ねてきたヤングマン体操へ!

 

 

また、若手職員2人による演奏も披露させていただきました。
顔なじみの職員が、ギターをかき鳴らし、和田アキ子の歌を「あの頃は~♪ハァッ!!」と熱唱しながらご利用者のテーブルを回ると、体を揺らしてリズムに乗られる方、「楽しすぎて」と涙を拭われる方など大盛り上がりとなりました。

 

 

今年入職した職員によるバイオリン演奏では、「川の流れのように」や「ふるさと」の音色に酔いしれ、メロディに合わせて口ずさむ方や涙ぐむ方も多く、アンコールの声が挙がりました。

 

また、敬老式典に合わせて、下新倉学童クラブの皆さんが手作りのお祝いカードを贈って下さいました。ナーシングホーム和光からも、ささやかではありますが職員手書きのお祝いメッセージを添えて、ひざ掛けをお贈りしました。
式のあとには乾杯し、お祝い膳をお楽しみいただきました。

 

 

 

 

 

コロナ禍での開催となった今年は、ご家族やご来賓、ボランティアの皆さんをお迎えすることはできませんでしたが、ご利用者と職員で、笑顔あり感動の涙ありのアットホームな温かいお祝いの会を開催することができました。

2020年09月23日